先行量産型ゲルググ Lv1

昨日の続きでログインボーナスの[2000 DP] 入手で「ガンダムLv1」か「先ゲルLv1」のどちらかの交換が可能に。
ガンダムLV2」は持っている為、データベースの??爛表示の開放や、カラーリングのカスタマイズなどの面で、この「先行量産型ゲルググLv1」の入手を優先。

正直、ガンダムのほうが使い慣れているので、コスト400帯での出撃には、そちらのほうが安心感があるけれど、ある程度対極にあるとおぼしき機体でも、実際に乗りこなしてみないと、その機体に相対した時、ついつい必要以上に警戒した立ち回りになってしまい、アグレッシブに攻められないパターンもありうる。

太ましいジオン系MS全般に言える事ながら、前面投影面積が広く、熱帯砂漠など、中継地点の取り合いでは、敵集団から見て1枚目に突出してしまうと、ヘイトを集めやすく、被弾しやすい。
1.5枚目から2枚目に位置しながら、ビームライフルやバズを僚機ごしに放つようにすると、効果的にプレッシャーを与えつつ、よろけからの格闘を叩き込むチャンスも取りやすい。
(にしても連邦系のMSより、支援機がさらに露骨に脚部を狙ってくるのには、苦笑しか出ないw)

バズ格狙いでのきっかけ武器は「ジャイアントバズ」なので、次弾装填までのラグが大きく、その他のバズ装備機よりも手数が少ない。
その分、爆発の範囲がもう少し大きくても良さそうだけど、まぁ爆風を当てさえすれば、ほぼよろけが取れるので、その点では安定感がある。
視界外からブーストで奇襲してきたピクシーに引き撃ちで着弾させたものの、マニューバーアーマーで止まらないとおもいきや、よろけが取れたシーンは、印象深い。

これまで鹵獲で数回乗った程度だったものの、ドムをレギュラー機としていた経験からすれば、非常に素直な操作感で使いやすい機体。

「つばぜり合い」画面いっぱいで相手機が見えないw

連撃モーションが特殊で、この位置での2撃目がスカったのはビビった。
(目の前の建物にエフェクトが発生してたので吸われたパターンも考えられる。)

この崖の縁にいたザクキャノンの高さに下から連撃が決まったのは驚いた。
(落ちてきてたタイミングとたまたま合っていたかも)

入手して間もない為、もうちょっと使い込んでから気が付いたことがあれば加筆する・・・かも。
(*‘ω‘ *)

先行量産型ゲルググ カラーバリエーション

金ぴか成金、ナイトオブ〇ールド的な、先ゲル。

シャア専用ゲルググもこの再現度。
当然、ゲーム中の戦績には比例しない。

ジョニーライデン機カラー。
当然、ゲーム中の戦績には・・・以下略。

搭載 スキル 先ゲル Lv1

脚部ショックアブソーバー・LV2
・・・着地時の脚部負荷をジャンプ後 10%・回避行動 5 %軽減。・脚部負荷発生後の回復速度 1% 上昇。
クイックブースト・LV1
・・・ジャンプ時のブースト溜め時間を 5% 短縮。
緊急回避制御・LV1
・・・スラスターのオーバーヒートと引き換えに、回避行動ボタンを2連打で緊急回避。
高性能バランサー・LV1
・・・着地による硬直を格闘攻撃でキャンセル可。
格闘連撃制御・LV1
・・・格闘攻撃を 2連撃 可能。連撃時はダメージは減衰あり。
強化タックル・LV1
・・・タックルの攻撃力と移動距離がアップする。攻撃力&移動距離 5% 上昇。