FA・ユニコーンガンダム [6周年前月祭week1] これ以上抑えきれない

RX-0 フルアーマー・ユニコーンガンダム 汎用機 cost700

機動戦士ガンダムUC」に登場する ユニコーンガンダム の最終決戦仕様。歴代ガンダムの フルアーマー とは、RX-78以来の伝統とも言える FSWS計画 に準じる増加装甲仕様を指すが、ユニコーンガンダムのフルーマーとは、メガラニカから回収したRX-0用のオプション兵装から ガランシェールの クシャトリヤ 用ビームガトリングガンまで、ネェルアーガマ 積載物資の文字通り フルアーマード=ありったけの武装 を取り付けた現地改修仕様を指す。サイコミュMS・MAとのタイマン戦闘に特化した RX-0 は、集団戦であっても既存量産MS主体での編成であれば、時間さえかければ十分に打ち勝てる機体ではあるものの、稼働限界のあるデストロイモード発動を考慮した場合、その見た目の野暮とも言えるゴテツケ感丸出しの「大火力複数兵装 & 撃ち切り即投棄」によるゴリ押し戦術こそが、まさに事態打開の有効な解決策として機能した。発案は民間人の タクヤ・イレイ、実装時の調整はアナハイム技師 アーロン・テルジェフ の手による。

バトオペ2配備であれば、支援機と予測されていた FAユニコーンが、コスト700の汎用機として参戦。素の ユニコーンガンダム にあったユニコーンモードが省略されており、初っ端からデストロイモードで戦場に投入される為、最大性能に引き上げる 覚醒状態 までのいわゆる おまじない の手数が簡略化されているのが特徴。ただし覚醒の発動は、残りHP30%以下となっておりタイミング管理は難しくなっている。先行配備の2種格闘汎用機(ユニコーン&ノルン&フェネクス)とのすみ分けとして、射撃でダメージとよろけを取り、サイコフレーム機の覚醒ブースターの役割を担う。700コスト帯は、ユニコーン、バンシィ2種、フェネクス と、格闘レンジが慢性的に渋滞しがちだが、一歩引いたポジションで安定して立ち回れるのは、チームバランスの底上げとしては理にかなった機体となっている。


物資配給局 追加 ラインナップ

抽選配給 新型機 新規追加MS

おまけのカスタムパーツ付き 限定抽選配給

リサイクル窓口 追加交換物資

DP交換窓口 追加交換物資


6周年前月祭 1週目

第一弾 期間限定任務

[結果] FAユニコーンガンダム 確定支給付7段ステップアップ抽配

6周年で予測される 2週連続 7段抽配 に向けて、トークン節約。
7/1 5:00 を超えてから、予備アカウントでのみ FAユニコーンガンダム 確定付き7段抽配を実行。

FAユニコーンガンダム なのに、共振発動後の 3枚シールドガトリング の挟撃&防御のファンネル運用できないという宝の持ち腐れ感が、入手回避の決心を後押し。そもそも劇中でチートMSなんだからゲームでもそれなりの扱いがあろうというもの(おそらく フェネクス との差別化)。背中のシールドガトリング3枚目のお飾り感や出撃時シーンでの プロペラントタンク装着状態も忘れられているなど、6周年の準備に手が取られている感が伝わってくる(ゲーミング・ナーフのお手本のような微妙な性能にまとまっていて、入手見送りの迷い が無くなった分、メインイベントの6周年目前では逆にありがたくもある)。長射程ガトリングに当初の支援機としての調整、からのバランスブレイカー過ぎて性能のカットオフでのこのタイミング…苦心の跡を推察。

今月は前月祭という事で、毎日1回の無料抽配がありリサチケ回収可能なので、半額1段を引いてリサチケ回収しなくても、毎日の日当回収のみでの月間任務の最低ライン26項目の到達が可能なので、8月1日5:00 まで全アカウントでトークンを全く使用しないで7月いっぱいを過ごす予定。