シュツルム・ディアス NZ仕様 [更新の木曜] 敵が浮足立っているのは分かる、任せればいい

2020-07-10コンテナ報酬 調査部隊 日記

RMS-099B シュツルム・ディアス 支援機

RMS-099B シュツルム・ディアスは、機動戦士ガンダムZZの後半、ネオジオン側の機体として登場した機体。リック・ディアスといえば、機動戦士Zガンダムでは、ZZでの主人公ジュドー・アーシタ側の勢力であるエゥーゴの代表的な機体として登場したはずが、背部の大型化されたグライ・バインダーと細部の差異のみで、あからさまに同型機が複数機、隠れジオン派を名乗るサトウ隊長を筆頭とした「ディアス隊」として、エゥーゴとは敵対勢力であるはずのネオジオンのマシュマー隊に合流した。

この事は、当初のエゥーゴにおいては、対ティターンズ勢力として成立していたが、ジャミトフ、バスク、シロッコの相次ぐ死亡によってティターンズが瓦解、そのまま、ネオジオンへの対抗組織として再編された際に、クワトロ・バジーナの行方不明とともに、元々ジオン側からエゥーゴに合流していた勢力が分離していった内情を象徴する描写の一つと考えられる。このシュツルム・ディアスは、元々はグリプス戦役でのクワトロの突撃仕様としてデザインされていた他、小説版ではアムロが搭乗するなど、複雑な立ち位置の機体でもある。

シュツルム・ディアスに特徴的な、背部の大型バインダーであるグライ・バインダーは、大出力のビームカノンと、ベクタードスラスター、大容量プロペラントを一体化し、火力と推進力の増強を図った装備。その他、元のリックディアスとの違いは、膝や腰部背面装甲の他、隊長機にはメインカメラにヒサシ状の形状変更などが見られる。

バトオペ2では、シュツルム・ディアスNZ仕様として配備。NZはネオ・ジオンの略。cost550~・★2の支援機で、宇宙専用かと思いきや、地上での使用も可能な機体となっている。武装構成はリックディアスに準じ高威力で複数の武装でよろけが取れる。グライバインダーのビームは片肺で当たる事が多く威力的にパッとしない印象もあるが、両方当てた時の火力はかなり強力な部類。高速移動のスピードも支援機としては最速。

時代としてはZガンダムのグリプス戦役よりもさらに先、ガンダムZZから登場した機体としては、ドワッジ、ジムIII、ネモIIIに連なる機体となっており、バトオペ2の2周年に向けて、Z後半からZZラストまで活躍したハマーン・カーンのキュベレイ登場へのフラグと捉えることも可能。


物資配給局 追加 ラインナップ

抽選配給 新型機 新規追加MS

シュツルム・ディアス NZ仕様 LV1~2 支援機 ★2 宙陸両用 コスト550~

抽選配給 上位レベル 追加MS

ガンダムMk-II LV3 汎用機 ★3 宙陸両用 コスト600
リック・ディアス LV2 汎用機 ★3 宙陸両用 コスト550

リサイクル窓口 追加交換物資

ジム・キャノンII LV2 支援機 ★2 宙陸両用 コスト450
陸戦型ゲルググ VD LV2 汎用機 ★2 地上用 コスト450

DP交換窓口 追加交換物資

ザメル LV2 支援機 ★3 地上用 コスト550


2020/7/9 出撃の記録 アカウント別 進捗

[α]エースマッチ・地上ランダム・450・2戦。G-3ガンダム LV1。
[α]エースマッチ・地上ランダム・450・1戦。デザート・ゲルググ LV2。
[γ]エースマッチ・地上ランダム・450・3戦。グフ・フライトタイプ LV2。
[β]エースマッチ・地上ランダム・450・3戦。ガンダムピクシー LV2。
計9戦…コンテナ報酬:α:0、β:2、γ:1

地上2戦&個人800・木曜の日替り任務。今日は強襲機づくし。以上。


アカウントα : 大尉19 / A- / B / 戦功章なし(13/60)

トークン: 145↑4 DP: 453,957↑4,950リサイクルチケット: 759→


アカウントβ : 大尉19 / A / B- / 戦功章なし(12/60)

トークン: 107↑3 DP: 419,540↑55,510 リサイクルチケット: 646↑12


アカウントγ : 大尉19 / A- / B- /戦功章なし(8/60)

トークン: 115↑3 DP: 640,359↑55,950 リサイクルチケット: 856→