アイザック アクアジム [更新の木曜] あんまり好きじゃないのよね。こういう地味なの

2020-10-23コンテナ報酬 調査部隊 日記

Contents

RMS-119 アイザック 支援機 cost400~

UC0080年以降、ジオン軍のザクIIF2をベースに連邦軍規格のパーツ組み込んで開発した量産型モビルスーツ「ハイザック」の電子戦特化機体。戦後、さまざまな試作機が持ち込まれたとされるルナツーにて開発されたMSのうちのひとつ。後頭部とバックパックが一体となった巨大なレドームと機体各部のセンサー。長距離侵攻、長期間稼動をバックアップする大型のプロペラントタンクなどが特徴。ミノフスキー粒子下ではレーダーが無効となるが、1年戦争時にジオン軍により運用されていたザク強行偵察型の存在などが判明。地球連邦軍においても、戦闘濃度散布前などにおいては、偵察、電子戦装備を持つ機体のその有用性が見直された。ジム改ベースのEWACジムが存在するが少数生産に終わっており、この後発のアイザックでは相当数が確保されたとみられる。ネオジオンのダカール侵攻以後、ティターンズの残党による機体の流出により、アフリカ解放戦線「青の部隊」などでの運用が確認されている他、資源衛星パラオでの哨戒任務に供されるなど、特に国力に劣るネオジオン軍では貴重な戦力として長く運用された。

バトオペ2では、中コスト支援機としての実装。ダメージ取りの武装こそ、主兵装、強化グレネード、ビームサーベル、と支援機にしては大幅に限られるものの、レドームとセンサーを活用する事で、視界外・レーダー外の敵機体を 位置バレ・機種バレ させ自機・僚機への情報共有を可能としている。加えて、自身のステルスLV2に加え、アンチステルスとアンチジャミングはLV3を実装。現状でこれを上回るステルス機・ジャミング機は無く、相対的に大幅な戦力削減が見込める。高性能レーダーはLV3で有効半径450m。「索敵センサー[範囲]」を撃つとその範囲内の敵機体を4秒間、高精度解析システムによりスポット状態にでき、観測情報連結により味方機とその状態を共有できる。頭部の「索敵センサー」はASL機能付きで、狙った敵機体をピンポイントで45秒間スポットが可能。主に、索敵センサー[範囲]で確認してからより脅威度の高いステルス機やジャミング機などを索敵センサーでスポットする使い方。スポットした機体は3%デバフ効果が付き、アイザックの僚機となった際にはこれらを積極的に狙う事で、僚機同士による攻撃の集中とあわせ、各個撃破による短時間排除が可能。

搭乗している状態では、レドームが回るのが地味にポイント高い。将来の高コスト機に偵察型ジェガンの配備もありうるけど、レドームが箱型の為、固有のギミック感も併せてイイカンジ。


RAG-79 アクア・ジム 汎用機 cost300~

M-MSVで設定された地球連邦軍の水陸両用モビルスーツ。ジオン軍の水中用MSに対抗するべく、RGM-79 GMの肩とバックパックにハイドロジェット推進を装備し各部を水中戦用に強化・調整した機体。RGM-79 GM の設計の元となったガンダムの実戦データには水中戦のものも存在しており、その基礎設計の優秀さとあいまって、新規設計ではなくマイナーチェンジのみで最低限の要求スペックを達成したとされるものの、ジオン軍の水中用MSやMAとの戦闘においては後れを取るシーンも多かった。ただ、一年戦争以後の紛争は宇宙戦へと移っており、表向き、地球上では残党軍により引き起こされる小競り合いであった事や、サブフライトシステムの発展、MSへの飛行能力の付与などにより、このアクアジム以後、量産型の水中戦用MSの新規開発は進まず、UC100頃まで、沿岸部の基地警備や、空母の護衛任務などで長らく使用され続けたとされる。

バトオペ2では、水中ステージ実装時点での配備が予想されていたが、結果的には2週間後の配備となった。デフォルトのよろけ主兵装であるハープーンガンの他に、ガチャ武器の複合兵装である専用ロケット・ランチャーの装備が可能。水中ではスラ撃ちできる為、よろけ取り武装での実現はおそらく初。強よろけのハンドアンカーは強よろけ=低コスト界のウミヘビ。肩の小型垂直ミサイルはDPSの高さが売り。水中適正と地上適正が付与。ビームピックでの「突っ突き」は、予想どおり連撃が無い。耐久が低め。これれのデメリットも、射撃の火力に恵まれているのであまり気にならない。

前作のバトオペでは支援機としての実装。高コスト機同士の戦場に中コストのアクアジムが頻繁に出没する程、ダメージ取りの戦術が確立していたほどに火力に恵まれていたが、バトオペ2では同コスト帯の割に突出した火力の継承は見られるものの、配備直後の現状においては、前作程に突出した運用方法は確認されていない。


物資配給局 追加 ラインナップ

抽選配給 新型機 新規追加MS

アイザック LV1~2 支援機 ★2 宙陸両用 コスト400~
アクア・ジム LV1~2 汎用機 ★1 地上用 コスト300~

抽選配給 上位レベル 追加MS

ガブスレイ LV2 汎用機 ★3 宙陸両用 コスト650

リサイクル窓口 追加交換物資

ガンキャノン SML装備 LV1 支援機 ★2 宙陸両用 コスト350
ジム・ストライカー改 LV2 強襲機 ★2 宇宙用 コスト400

ガンキャノン SML装備は抽選配給では出なかったMS。
(元は期間限定での有料プロダクトコードでの引き換え特典)

DP交換窓口 追加交換物資

ヒルドルブ LV1 支援機 ★3 地上用 コスト400


2020/10/8 出撃の記録 アカウント別 進捗

地上2戦&個人800P・木曜の日替り任務。
更新の木曜は、日替り任務の簡単回収日。


No1アカウントα : 大尉20 / A- / B- / 戦功章なし(12/60)

トークン:130↑6 DP:505,197↑9,350 リサイクルチケット: 1,211→

大尉20 昇格任務 少佐 (4/5)


No2アカウントβ : 大尉20 / B+ / B- / 戦功銅章2日目(17/60)

トークン:117↑7 DP:438,320↑81,315 リサイクルチケット: 1,450→

大尉20 昇格任務 少佐 (4/5)


No3アカウントγ : 大尉20 / A- / B- / 戦功章なし(10/60)

トークン:153↑7 DP:664,384↑18,080 リサイクルチケット: 1,231→

大尉20 昇格任務 少佐 (4/5)