Ex-Sガンダム [更新の木曜] 行くぜェッ,野郎どもっ!! [冬祭り2020第3週]

Contents

MSA-0011[Ext] Ex-Sガンダム ★3汎用機 cost650

「ガンダム・センチネル」に登場した「MSA-0011 Sガンダム」の強化形態。通称:イクスェス・ガンダム。正式名称:Extraordinary-Superior-GUNDAM (エクストラオーディナリー・スペリオル・ガンダム)
先行していたZZガンダムで実現したABCパーツ構成による分離合体をさらにブラッシュアップしたとされるSガンダムに、8つの追加交換パーツを装備し、RX-78では追加装備であったGパーツとの組み合わせではじめて実現した巡航性能を、戦闘力を落とすことなく単機のモビルスーツで実現した仕様。ZZガンダムでは分離合体や変形に際し、コアパーツに負荷が集中する事が判明。Sガンダムでは追加のEx-Sパーツの装備により、特に巡航モードであるG-クルーザーモードへの変形に際しての負荷をEx-Sパーツで受け持つことにより問題の解消を実現している。元の「Sガンダム」より8割増しの重量となったが、大型ブースターユニットの追加が占め、各種プロペラントの消費など稼働コストの跳ね上がりと引き換えに、機動性と攻撃性能は大幅に向上している。ただ、Ex-Sパーツをパージしないと3体分離はできなくなっており、3体分離後の再合体は、必然的に「Sガンダム」となり、「Ex-Sガンダム」への復帰はできない。

バトオペ2では、cost650の★3高コスト汎用機としての配備。ZZガンダムでは、通常移動の低機動を引き換えにビーム系実弾系を併せ持った高火力機体であったのに比べ、地上ではホバー機動と不足ないスラスター量により十分な機動性を持ち、バルカン以外はすべてビーム系でまとめられている機体。ZZでは省略されたクルーズモードへの変形が可能。ダメージコントロールもあり、どこかのC1型に比べ落とされにくい。
高コスト射撃機にありがちな「武器切り替えを強いられる割にやっている事は変わらない」必ずしもエイム作業のみに偏らない準サイコミュ兵装である、3連射貫通持ちの頭部インコムによる攻撃に加え、膝部リフレクターインコム2基を用いたビームスマートガンの変則射撃が可能。
汎用機に珍しく、連撃格闘制御を持たない為、汎用機としては物足らない人もいるが、特に下格はステイメンの踏み込み付き下格をコンパクトにした挙動となっており、動きが止まる瞬間が最小限な点は逆にメリットと言える。緊急回避、強制噴射付き。正直マニューバーアーマーが欲しかったが、そもそもの格闘耐性の低さもあり、格闘よりも中距離からの射撃によるダメージ取りが主体となる為、接近を掛けてくる機体への警戒と距離の置き方については、より厳にしたいところ。


物資配給局 追加 ラインナップ

抽選配給 新型機 新規追加MS

Ex-Sガンダム LV1 汎用機 ★3 宙陸両用 cost650~

抽選配給 上位レベル 追加MS

ガンナーガンダム LV3 支援機 ★3 宙陸両用 コスト500
R・ジャジャ LV3 強襲機 ★2 宙陸両用 コスト600

リサイクル窓口 追加交換物資

アレックス LV3 汎用機 ★3 宙陸両用 コスト550
ケンプファー LV3 汎用機 ★3 宙陸両用 コスト550
ハイザック・カスタム LV1~2 汎用機 ★2 宙陸両用 cost450~

DP交換窓口 追加交換物資

サイコミュ高機動試験機 LV21 強襲機 ★2 宇宙用 コスト450
イフリート・ナハト LV3 強襲機 ★3 地上用 コスト450


冬祭り2020 3週目 開催&新要素

【1】通常4段ステップアップ抽選配給。【2】★3MS1機確定無料10連。
【3】バトルシミュレーターにサイコガンダムMk-II
【4】ガンダムファクトリー横浜オープン記念コラボ。
  (ベースキャンプにガンダム・ドックを再現した施設がオープン)
【5】迷惑行為通報機能が追加。