バイアラン・カスタム [更新の木曜] 俺はずっと飛びたかった

Contents

RX-160S バイアラン・カスタム ★4強襲機 cost600~

「機動戦士ガンダムUC」に登場。トリントン基地にてグリプス戦役時の「バイアラン」の残存機をベースに開発された技術試験評価機体。バイアラン・カスタムは1号機、2号機が存在し、アニメに登場したのがこの1号機となる。頭部はジオン系のモノアイからガンダム~ジム系に準じるツインアイ・バイザー型に変更され、下腕部は、マニピュレーターを廃し、ビームサーベルを形成するエミッター機能を備えたジェネレーター直結の高連射高効率のメガ粒子砲を基部に、ガブスレイのクローアームの改修型を増設した珍しいユニット構成。脚部の踵部にはバウンドドックのクローが採用され、背部の飛行ユニットには大型のプロペラントを搭載するなど、空中…特に障害物越し~低高度における奇襲をともなうインファイト戦闘を想定した機体となっており、劇中においても、熟練のジオン残党兵MSに一方的につぶされていく基地守備隊の連邦軍MSの中にあって、空中機動の優位性を活かし多くの残党兵MSを撃破していった。
2号機は、標準型マニピュレーターに換装された両腕部のロングバレルビームキャノンが特徴で、ギャプランの運用法をなぞった改修が施されているのが特徴。最終的には飛行形態の獲得を視野に、空戦可能なMS同士の優位性の模索が垣間見える。漫画版「バンデシネ」ではデルタプラスを失ったリディ・マーセナスが搭乗している。

バトオペ2ではcost600~の高コスト★4強襲機。★4としては νガンダムサザビー に次ぐ3機種目の配備(今回、LV1&LV2同時追加の為、★4MSは4機になったのに注意。LV1、LV2、どちらかにこだわらなければ★4確定後の入手確率的には前回のサザビーの時と計算上は同じ確率。)
飛行型初のヘビーアタック搭載機。体当たり→サーベルの2段ヒット。ザクIII改に比べ、縦方向に広く横方向に短いので、当てるには発動タイミングとエイムの正確性が必要(モーションだけど、炎のニンジャマンのカラダ手裏剣を思い出した)。クローアームとの2種格闘で、N格で強よろけ、下格で強制ダウンとCTの長さ以外は威力3000とかなりの優秀さ。空中からの直接格闘攻撃に多用。ビームを発生させないので相手から武器が分かりにくいのも地味に強み。
弱点と言えば、ヒットボックスの大きさと、フライトシステム起動中にタックルできない点。(逆に飛行状態からの格闘はカウンターを取られない→タックル当てられて墜落させられる)あと、格闘主体の機体に珍しく、飛行性能の代償に耐格闘が低いので格闘汎用に捕まるとワンコンで墜とされるリスクも。
「高性能フライト制御機構」を持ち、宇宙空間のようにレティクルの上下方向にあわせた格闘の上下方向への補正あり。強襲機としての機能を担保する各種スキルももちろん、高レベルの滞空スキルを持ち、保有スキル数は過去最高の機体となっている。

ヘビーアタックの踏み込みを使った最低スラスター消費の急上昇&急降下は必須テクニック。


コード・フェアリー 10.19情報解禁

ガンダムゲーム35周年記念コラボ


物資配給局 追加 ラインナップ

抽選配給 新型機 新規追加MS

バイアラン・カスタム LV1~2 強襲機 ★4 宙陸両用 コスト600~

抽選配給 上位レベル 追加MS

トリスタン LV3 汎用機 ★3 宙陸両用 コスト700

リサイクル窓口 追加交換物資

アイザック LV1~2 支援機 ★2 宙陸両用 コスト400~
ガブスレイ LV2 汎用機 ★3 宙陸両用 コスト650

DP交換窓口 追加交換物資

デザート・ゲルググ LV1~2 強襲機 ★2 地上用 コスト450~
量産型ガンキャノン LV4 支援機 ★2 宙陸両用 コスト450
リック・ドムII LV3 汎用機 ★1 宙陸両用 コスト450