ハズキルーペ とは

ハズキルーペとは?一言で言うと、
眼鏡のように着用するルーペ=虫眼鏡」。
確かに、虫眼鏡より視野が広く、文字が読みやすくなり、目が疲れにくいです。
ただ、あくまでルーペ=虫眼鏡なので、遠くの景色はぼやけて見えません。

ハズキルーペ 選び方

ハズキルーペの選び方

バリエーション多すぎて迷いますが「3つの要素の組み合わせ」です。
色はお好みで選ぶだけです。

[3種類の倍率]
:1.32倍1.6倍1.85倍(※クールにはありません)。
普通のメガネと違い、倍率は、大きければ大きいほど見る対象との距離が近くなります。
例えば、1.32倍では、読書やタブレット操作、パソコンモニターを見るのに向き、無理のない姿勢が取りやすいです。
1.85倍では、手芸、模型製作、スマホ操作など、精度が求められる作業や小さいディスプレイを近くで見るのに向いています。反面、姿勢や着用時間には工夫が必要です。
どちらにも使う方は、まずはその中間の1.6倍を選ぶのがオススメです。

[3種類の形状]
:コンパクトラージクール
コンパクトは、読書やタブレット端末を見る、長時間の作業向け。名前の通り軽くてコンパクト。
ラージは、普段メガネをかけている人は、その上からハズキルーペをかける使い方ができます。あとは、重さよりもレンズの端が視界に入るのが気になってしまう人向けです。
クールは、ラージでは大きすぎるという人に向いています。

[2種類のレンズ色]
​:クリアカラー
ブルーライト遮断の機能の違い。クリアは35%カット。カラーは55%カット。
パソコンモニターやスマホ画面を見るにはカラーがオススメ。

ハズキルーペの選び方



ページトップへ