ガブスレイ [更新の木曜] 守ってみせるって言ったろ…

RX-110 ガブスレイ 汎用機

ジュピトリスのシロッコから提供された設計をもとに、地球連邦軍の拠点ルナツーにて開発、生産された試作型TMS。後に第三世代型MSのはしりと言われる機体。ガンダムのRX-78、ガンダムMk-IIのRX-178、そして配備としては後発となるガブスレイのRX-110 などの型番に見られるとおり、1年戦争終結以後からは、RXナンバーは、開発の時期や順番を反映したものではなくなっており、地球連邦軍内部の政治闘争と分裂による軍閥化、各勢力によるMS開発計画の並列同時進行化など、その時代の混沌が推し量れる。

シリーズ初となるMA形態←→MS形態への変形を披露したメッサーラは、あくまで木星の高重力圏での運用を想定したモビルスーツであり、地球圏での戦闘を考慮しつつ量産に供するにはスペックの偏りとコスパの悪さが問題となった。この当時、MS戦力の戦線投入の迅速化に際し、一年戦争以後一般化しつつあったサブフライトシステムを用いずに、機体各部に分散配置された推進系を機体後方に集約するMA形態への変形の機能を付与する事で同等以上の運用効率をもたらしうる事が、メッサーラの実戦データなどにより判明。このガブスレイでは、量産化に際しての研究実証機体として少数が生産され、ティターンズの新造旗艦ドゴスギアに配備され、マウアー・ファラオ、ジェリド・メサらが搭乗。エゥーゴに奪われたガンダムMk-IIを保有するアーガマの追撃任務に投入された。一時的に追い詰める事に成功したものの、月からの増援として送り込まれた百式やZガンダムにより、結局は撃破されてしまった。

バトオペ2では宇宙専用機ではなく、地上戦も可能なコスト600の汎用機としての実装。格闘2種持ち。静止撃ちだったマラサイの先行型フェーダインライフル(ノンチャ2発フルチャ1発よろけ)は、ガブスレイでは正式採用だけあって歩き撃ち可能に。その分しっかり弱体化されノンチャ4発フルチャ1発よろけに。バルカンや(肩部)静止撃ちメガ粒子砲との活用が必要。一見、その変形機構とあわせ、性能的にはゼータガンダム的な感覚にもなるけど、ライフル周りの性能不足や旋回性能の遅さなど、ゼータガンダムよりもイマイチ使いにくい分、設定どおり…的な評価。
劣化ゼータと見れば、私のようなゼータガンダム未保有勢にとってはリサチケ落ちまでの代用機としてせめてものナグサメにはなるかも。


物資配給局 追加 ラインナップ

抽選配給 新型機 新規追加MS

ガブスレイ LV1 汎用機 ★3 宙陸両用 コスト600

抽選配給 上位レベル 追加MS

高機動型ゲルググ UL LV3 汎用機 ★3 宙陸両用用 コスト550
フルアーマーガンダム タイプB LV2 支援機 ★3 宙陸両用 コスト550

リサイクル窓口 追加交換物資

ペイル・ライダー陸戦重装仕様 LV3 汎用機 ★3 地上用 コスト450
ペイル・ライダー空間戦仕様 LV1 汎用機 ★3 宇宙用 コスト400
ザク・キャノン LV1~2 支援機 ★2 地上用 コスト250~

DP交換窓口 追加交換物資

ザクIIFS型 SM LV3 強襲機 ★2 宙陸両用 コスト400
強制冷却システム LV4 ★2
噴射制御装置 LV4 ★2


2020/6/4 出撃の記録 アカウント別 進捗

[α]ベーシック・地上ランダム・600・3戦。フルアーマーガンダム7号機 LV1。
[β]ベーシック・港湾基地・600・3戦。ガンダム試作2号機MLRS LV1。
[γ]ベーシック・港湾基地・600・3戦。ガンダム試作2号機MLRS LV1。
計9戦…コンテナ報酬:α:0、β:0、γ:0



アカウントα : 大尉19 / A- / B / 戦功章なし4日目(6/55)

トークン: 94↑3 DP: 1,156,152↑4,175 リサイクルチケット: 679→


アカウントβ : 大尉19 / A- / C+ / 戦功章なし4日目(4/55)

トークン: 92↑4 DP: 578,400↑14,175 リサイクルチケット: 508→


アカウントγ : 大尉19 / A / B /戦功章なし4日目(4/55)

トークン: 66↑4 DP: 726,399↑14,375 リサイクルチケット: 914→